ワークフロー|ホームページ制作 デザインワークスステーション

会社情報

クリエイティブな現場、全てはお客様のため

ホームページを見る人の為のホームページ。
制作の現場ではホームページを見る人のことを常に意識した制作を日々行っています。
お客様のホームページが出来上がるまでの流れ、良いホームページを作るための基本10STEPをご紹介します。

STEP1:プランナーがお伺いします

プランナーがお伺いします

お客様のご要望から
新しいホームページが誕生します。

ホームページを新しく作成したい方や、リニューアルしたい方のもとにプランナーがお伺いします。
そこでは制作目的やリニューアル理由、組織概要などお客様の基本的なニーズをしっかりと把握するための様々ヒアリングし、サイト構成、見積もりを提出します。
ちょっと質問が多いくらいかもしれません。ただそれは世界で唯一のホームページを作成するため。世の中にどれ一つとして同じホームページはありません。


ホームページ作成で一番重要なのは、更新すること!

ホームページ作成にとって最も大事な質問は、「どのような情報を発信したいですか。どんなキャンペーンがありますか。ホームページをどのように活用しましょうか」といったホームページの更新、成長に関することです。
それはホームページの納品後、作りっぱなしで終わらせないため。
ホームページの更新がどれだけ重要か、それはまたお客様先にお伺いしたプランナーが説明をさせていただきます。

STEP2:ホームページ制作の準備を行います

ホームページ制作の準備を行います

提案前の下調べは丹念に

ホームページの新規制作やリニューアルのご注文をいただきましたら、お客様先にお伺いする前に、ディレクター、アシスタントディレクター、プランナーによるホームページ戦略会議を行います。プランナーからのヒアリング、現在のホームページ、お客様の業務内容やアピールポイント、検索キーワード、さらには社会情勢をもとに、お客様のご要望の分析を行うなど、ホームページ上で表現できる提案をあらかじめ検討します。
準備を丹念に行うことで、お客様により良い提案ができるようにします。


マーケティング:効果的なホームページを考える

戦略会議では、お客様の業種についてほかにどのようなホームページがあるか、またその業種のトレンドなどをチェックします。
ホームページを中心としたマーケティングを意識し、どのような見せ方が効果的か、それにはどのようなツールやキャンペーンが有効かなどを調査します。
ホームページの出来上がりにマーケティングを意識したプロの提案がしっかりと反映されるよう、事前の下調べは欠かせません。

STEP3:専任のディレクターが制作内容のお打合せに伺います。

具体的な内容をヒアリング致します。

専任のディレクターが制作内容のお打合せに伺います。

ホームページ制作について初回の訪問ヒアリングから、お客様担当の専任ディレクターがお伺いします。
このヒアリングではまずお客様の事業内容の詳細なチェックを行います。

  • 制作目的
  • 会社、団体、店舗の情報
  • メインターゲット
  • 競合他社との違い、優位性
  • お客様からよくある質問

私たちが考える良いホームページとは、見る人にとって良いホームページということです。
そのためお客様の事業をしっかり把握した上で、そのサービスを受ける人の立場からのレイアウト、コンテンツ、デザインをお客様と話し合います。

お客様と制作チームをつなぐディレクター

ホームページはディレクター、プランナー、デザイナー、プログラマーといったチームで作っていきます。
ディレクターは制作チームをまとめ、また制作チームとお客様をつなげ、進捗を管理し、納品までしっかりと責任を持って作業を行います。

STEP4:ホームページの設計(サイトマップとコンテンツの作成)

サイトマップとコンテンツの作成

ホームページ制作の基本、
コンテンツ作成

ホームページのトップは花に例えられます。
一目でどのようなサイトか分かる、中ページに誘導できるきれいな花、それがトップページです。 さらに花のおおもとになる根、それがホームページコンテンツです。
ホームページはコンテンツ次第で、トップページでの見せ方が代わってきます。
コンテンツを明確にするために「仕様書」を作成し、どのようなページがあるか、どう表現されるのかが明確にされています。


サイト設計段階からの複数チェック

「仕様書」はいわばホームページの設計図。
お客様にはどのようなページとなるのかを見ていただき、デザイナーはホームページ制作の基本とします。検索対策も表現されています。
より良いホームページを提案するため、ホームページの設計段階から、アシスタントディレクター、ディレクター、プロデューサーによる複数の仕様書チェックを行っています。

STEP5:サイトマップとコンテンツの確認、素材作り

サイトマップとコンテンツの確認、素材作り

プレゼンテーションとディレクション

ディレクターは仕様書により制作するホームページのプレゼンテーションを行います。
どのようなページがあるのか、トップページのレイアウトと機能、ホームページのイメージ(雰囲気)やメインカラー、検索キーワード、制作するホームページの全てが凝縮されています。
さらには制作の進め方までしっかりと説明をさせていただきます。また、写真素材や文章などの素材のご用意も行います。


素材づくり:ライターやカメラマン

弊社にはホームページ制作のため専属のライターやカメラマンがいます。
ホームページ制作の際、資料がないといった場合に弊社専属のライターがお客様に取材、また様々な調査を行いホームページのコンテンツを作り上げていきます。
また商品画像や企業の社屋画像などやはり弊社専属のカメラマンが、お客様のもとにお伺いし撮影致します。
より商品画像に力を入れたい、またコンテンツを充実させたい場合など弊社のライターやカメラマンをご用命下さい。

STEP6:トップページデザイン

トップページデザイン

お客様だけのオリジナルデザイン

トップページの色、レイアウトなどのデザインは、ホームページ全体のスタイルを決めます。
そのためまず、トップページデザインの作成、確認からさせていただきます。
トップページのデザインは、ヒアリングに基づく御社だけのオリジナルデザインです。


ホームページを見る人に伝えるためのデザインを

弊社のトップページデザインでは、トップページを考える際に必ず必要な3原則が明確になっています。

  1. 誰に対してアピールするデザインなのか
  2. ホームページを見る人への配慮はあるか。
  3. 見せたいページへの誘導がしっかりできているか。

ただ、見た目が良いだけでは、よいホームページとは言えないのです。

STEP7:下層ページの作成

下層ページの作成

テストサイトで全ページを作成します。

トップページデザインをご了解いただくと、仕様書に基づき中ページ全てをテストサイトで作成します。
中ページでは強調する部分は強調し、またページを見終わった後のお問い合わせページへの画面遷移をスムーズにするなど様々な工夫があります。
何よりもホームページを見る人のため、しっかりとしたコンテンツを御社のホームページに反映させます。


コンテンツが見る人のためになっているかどうか

SEOという言葉を聞いたことはあるかと思います。
Search Engine Optimization、日本語で検索エンジン最適化。SEOというと、グーグルなど検索エンジンに対してどう見せるか、ということばかりに目が行く場合があるので注意しましょう。
あくまで見る人(人間)に対して作るホームページ。例えば、あるキーワードで上位表示されたいのなら、そのキーワードでホームページを探している人に対して、しっかりとページを作ることが重要です。

STEP8:プログラムの設置

プログラムの設置

プログラムなら更新が簡単・早い

全ページをご確認いただき納品作業をする際に、ご注文をいただいている方には更新プログラム「DW-Office」を設置します。
普段、パソコンでメールが打てる方ならば更新作業は難しくありません。分からない部分があったら、いつでもご相談下さい。


ホームページの更新はとっても重要

制作して終わり、ではないのが、ホームページという広告媒体の特徴。リピーターを増やす、サイトを充実させる、検索エンジン対策を行う、ということからも更新は本当に重要です。
弊社では、DW-Officeという更新プログラムをレンタルでご用意しています。
もちろん保守契約により、弊社スタッフが通常の更新作業や、弊社スタッフによるDW-Officeでの更新作業も承っています。

STEP9:納品作業

納品作業

さあ、新しいホームページのお披露目です。

全ページの確認ができたら、納品作業を行います。
リニューアルの方はその際、サーバーの切り替え(ドメインの載せ替え)作業がある場合も 新規制作の場合はあらかじめ取得したドメインにホームページを掲載します。


複数のセクションによるチェックとチェックシート

弊社ではお客様よりホームページの納品作業にご了解をいただいた際、複数セクションのスタッフの目によるチェックを行います。
制作部門、管理部門、そして担当のプランナーなど複数の人間によるチェック作業と、チェックシートによるチェック作業を並行して行います。
もちろんお客様にもチェック作業をしていただきます。
特にメールフォーム。届いているかどうかの確認は必須です。

STEP10:ホームページの更新、メンテナンス

ホームページの更新、メンテナンス

情報発信、更新があってこそのホームページ

納品してからがホームページにとって本当に重要な作業が待っています。それが更新作業です。
常に新鮮な情報があるホームページこそが、良いホームページです。
そのため弊社は必ずアクセス解析プログラムを設置し、納品したホームページがどのようなキーワードで検索されているか、どのページが見られているかなどをチェック、お客様に更新作業のアドバイスをします。


小さく生んで大きく育てることも選択の一つ

ホームページの定期的な更新は、見る人にとっても検索にとっても必須です。
最初のホームページは核となる会社情報だけであっても、後から会社のサービスを掲載したり、商品ページを充実させたり、新メニューを追加したり、さらにはキャンペーンページを立ち上げたりと、成長させていくことでよりホームページ自体の評価が高まります。そのため、成長することを前提にしたホームページ制作が大切です。

メールでのお問い合わせ


PAGETOP